• 近年の人気の葬儀の形態

    葬儀の形態は様々ですが、近年人気を集めているのが家族葬です。

    家族葬は家族や身近な親族のみで行う小規模の葬儀の形です。

    少人数であるからこそ、故人とゆっくりとしたお別れが行えることで遺族としての心の整理がつきやすい面があります。

    現代は少子高齢化であり、故人の知り合いや友人なども高齢化して葬儀への出席が難しくなっている環境や、仕事から離れている期間が少ない事で付き合いの範囲も狭くなっている状況があることもその要因です。

    葬儀の人気度が上昇しています。

    家族葬は悲しみの中に直面している遺族にとって準備や当日にやるべきことの負担が少ないことも良さです。



    そして費用面での負担も少なくて済みます。
    現代の風潮にマッチしているお葬式の形態と言えるのです。


    そして、各葬儀会社もこの人気に併せて家族葬のプランを提案しています。

    家族のみだからこそ、故人が好きだった音楽を流したり、趣味の物を飾ったり、想い出の写真を見ながら思い出話をしたりといったオリジナルの自由度の高いお別れの時間を過ごすことができます。家族葬を行う際には、親しくしていた方や生前お世話になっていた方、遠方の親族などにはその旨を伝えて理解してもらうことも大切です。


    離れた場所からも故人を偲び、お別れを心の中ですることができれば、それもまた故人にとっても喜んでもらえることになります。



    様々なことに対する自由な発想や簡素化などが多くなっている現代に家族葬は魅力的な葬儀の形となっているのです。