• 葬式に参列する際の服装の注意点

    葬式は事前に予定されているのではないため用意に戸惑うことがあります。

    葬式関する情報選びにちょうど良い情報をご用意いたしました。

    日ごろから喪服の確認をしておくのが良く、女性であれば黒色のストッキングを常備しておくと安心です。
    小さい子供が参列する際には、派手でない服装でも構いませんが、できれば黒などの抑えた色目の服を用意しておいても良いでしょう。

    髪の毛が長い場合は黒いゴムでまとめるなどの配慮も必要となってきます。

    葬式に参列する際の服装の注意点としては、ヒールが高い靴を履かない、短いスカートをはかないということがあげられます。ヒールが高い靴の場合、歩くたびにコツコツと音がし、葬式の厳かな雰囲気が壊れてしまうためです。

    ヒールの音が気になる場合はヒールの底の部分にクッション材などを貼り付けておいても良いでしょう。

    また、スカートの丈に関しても短すぎると遺族にお辞儀をした際に見た目が悪くなってしまいます。



    控えめにする、ということが基本であるので、スカート丈は膝ぐらいか、膝よりも長めのものを選ぶようにします。


    生地も光を反射するものや、カジュアルな黒は着用しないように心がけます。



    葬式は亡くなった方を偲ぶものであるので、参列での服装も華美でなく控えめで機能性のあるものを選ぶようにします。

    女性の喪服には収納するポケットが少ないことが多く荷物が多くなることがありますが、新しく購入する場合には数珠やハンカチを収納できるポケット付きのものを選ぶと収納に困ることはありません。