• 葬儀の大変なことや用意すべき物

    今日ありますよ、と予想ができず急にあるのが葬儀です。

    今、最も注目を集める葬儀に関する情報をすばやく探せます。

    故人の最期の時に失礼の無いように、そしてさらにマナー違反をしないためにしなきゃいけないことを簡単に記載します。


    まずは葬儀の知らせを受けて一番初めにしなきゃいけないことは喪服の準備と香典の準備です。

    案外これが急ぎの時だと一番困るものです。
    葬儀の知らせなどは無いに越したことはないのですがお金に余裕があるときに自分の体形に合ったジャストサイズの喪服を購入しておくといいでしょう。


    特に男性はスーツなのでその日に急に用意するというのはなかなか難しいものです。女性は今だと量販店に安価の喪服が売っていたりしますので急に購入となっても何とかなることが多いです。
    そしてこれが一番皆さんが難しいと思う子供の喪服のようなものです。



    子供だからといってGパンに柄物のトレーナーでは非常識な親だと後で何かと言われかねません。



    簡単な物で構わないのでシャツかブラウス、それか白か黒のポロシャツに黒っぽいパンツ、女の子であったら地味目のスカートなどを着せて参列するのがよいでしょう。
    さすがに靴までは見る大人はあまりいないので靴まで用意できればベストですが無ければスニーカーでもよいでしょう。
    そして大変なことと言えば故人の宗派によって行うことが違うということです。

    神式、仏式、キリスト教など葬儀に参列する前に故人の宗派を調べておくとよいでしょう。

    とはいってもまずは服装の事が一番に来ると思いますので喪服と冠婚葬祭用のバッグ、数珠くらいは用意しておくのがよいでしょう。